【一人暮らし6年目からのアドバイス】女子のお部屋選びのポイント その1 防犯ver.

こんな悩みに答えます
  • 一人暮らしを始めたいけど、お部屋選びってどうすればいいの?
  • 女性の一人暮らしならではの気を付けるべきポイントってある?

こんにちは、一人暮らし6年目のスズです!

みなさんは一人暮らしのお部屋選びで意識していることってありますか?

家賃?駅チカ?築浅?

「初めての一人暮らし、なにを選ぶ基準にすればいいかわからないよ泣」

スズも18歳で上京した当初は何にもわからないままお部屋選びをしてしまいました。

今回はそんな私の反省も含めて、一人暮らしを6年経験してきたスズが「今ゼロから一人暮らしを始めるならこれを基準にお部屋を選ぶよ!」という防犯面での5つのポイントを紹介します。

\当ブログ一押しの医療脱毛/

目次

防犯面でのポイント5つ

女性の一人暮らしで一番たいせつなのは防犯面です。

防犯面にはハードソフトがあります。

ハードはいわゆる物件そのものの造りや条件、

ソフトは自分で行える対策です。

今回はハード面について、「こういう点を意識して物件を選ぶといい」ということをご紹介します。

ちなみに自分で行える防犯対策(ソフト面)についてはこちらからご覧ください。

あわせて読みたい
【女性の一人暮らし】 最低限やっておきたい5つの防犯対策
【女性の一人暮らし】 最低限やっておきたい5つの防犯対策こんな悩みを解決します不安でいっぱいの女性の一人ぐらし…具体的な防犯対策や気を付けるべきことを知りたい!こんにちは!スズです。スズは今年で一人暮らしが6年目に...

①1階は避ける

「1階は安いからいいなあ」

「エレベーターないから1階だと便利かも」

1階のお部屋は上の階に比べると家賃が安いことが多いです。

家賃って数万円はするから、安い1階のお部屋ってちょっとよく見えますよね。

でも女性一人暮らしには絶対に1階はおすすめしません。

  • 外から容易に中をのぞかれてしまう
  • 洗濯物も外から見えやすい
  • 1階は不審者が侵入しやすい

どんなに気を付けて暮らしていても、上の階と比べるとどうしても危険が増えてしまうのが1階の物件です。

特に東京や大阪などの大都市の場合は、地方に比べると危険もたくさんあります。

これは余談ですが、1階に住んでいる友人は夏場でも防犯上の視点から窓を開けっぱなしにするのも危険なので、ずっとエアコンをつけていて電気代が高いと嘆いていました。

もしかしたら、1階のお部屋って結果としてそんなに安くもないのかもしれません。

②窓の外に電柱など登りやすいものがないこと

これはスズ自身の失敗談です。

18歳で上京したときのお部屋はアパートの2階でした。

後から気付いたのですが窓を開けると目の前に電柱がある部屋でした。

電柱には点検用の足場があります。

つまり…

不審者も簡単に電柱が登れてしまうというわけ。

結果としては何もなかったので良かったですが、もし電柱が目の前にある部屋を不動産屋さんに紹介されたら

同じマンション・アパートでも別の部屋を希望した方が無難だと思います。

③オートロックはないよりあった方がマシ

「オートロックついてるから安心~」

これは間違いです。

オートロックのマンションでも、別の住人がロックを解除した後ろから不審者がフラッと入ってきてしまうことは

大いにあります!!

ただ、確かにオートロックはある程度の抑止力にはなりますので「ないよりあった方がマシ」くらいに考えるのをオススメします。

オートロックの物件でも安心せず、エントランスでは誰かにつけられていないかを振り返ってチェックする習慣をつけることをオススメします。

④駅から遠すぎない

夜の一人歩きは、できれば短い方がいいです。

特に都内では。

「駅から遠い = 必然的に長く歩く」ということにあります。

スズが住んでいる区はあまり治安の良い場所ではなく、公園でヤンキーが集会をしていたり、

怪しいお姉さんが街角に立っていたりします。

大分慣れましたが、一人歩きは少しコワイです。

駅チカ物件は時間がかからなくて楽、時短、と言いう側面ももちろんありますが

防犯面でもメリットがあります。

どうしても駅から遠い物件を選ばざるを得ないときは、帰りが遅いときは自転車を使うなどしてみてもいいと思います。

⑤室内に洗濯物が干せる

「女性のものの洗濯物を外に干すのが不安…」

「男物の服も混ぜて干すといいって聞いた」

女性一人暮らしの場合、できれば下着類は外に干さない方が安全です。

洗濯物をみればどんな人が住んでいるかすぐにわかってしまうからですね。

今は部屋の中に洗濯物が干せるようになっていたり、浴室乾燥機能のついたお風呂もあります。

できればこういう部屋を選んだ方が無難だと思います。

もし、部屋に洗濯物を干す場所がないときは、ホームセンターやニトリで売っている室内物干しラック的なものを購入してもGOODです。

ちなみにスズは、洗濯物をベランダに干すときには外からは絶対に見えない位置に干して

加えて弟の服をわざと見える位置に干してカモフラージュしています。

 

 

まとめ 

一人暮らし6年生のスズが、もし今ゼロから一人暮らしを始めるなら

お部屋選びで気を付ける防犯上のポイントは5つです。

防犯上 気を付けるべきポイント
  1. 一階は避ける
  2. 窓の外に電柱など登りやすいものがないこと
  3. オートロックはないよりあった方がマシ
  4. 駅から遠すぎない
  5. 室内に洗濯物が干せる

「何か起きてから」では遅いのが安全というもの。

お部屋選びは予算もありますが、安全については妥協しないで選ぶことをオススメします。

もしこれから一人暮らしを始める方はぜひこの5つのポイントも参考にしてみてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スズでした!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内大企業勤めのOL

一人暮らし6年目×社会人4年目

新卒1年目から毎年200万円貯金に成功
ジャニオタ・スト担です

TOEIC880点/HSK5級256点
FP3級/簿記3級

コメント

コメントする

目次
閉じる